防災研修inそなエリア東京

首都直下地震の対策を学ぶ  2017年10月29日(日)



 10月29日、住宅センターおよびまちの救助隊チームナマズの合同で、有明にある防災体験学習施設「そなエリア東京」を訪ねました。
 この施設は2010年に国が体験学習のために造ったもので、実際に首都直下地震が起きた場合には、政府の災害対策本部になるよう整備されています。
 ガイドの説明を受けたあと、地震直後の街並みを再現したゾーンに進みました。全員にタブレットが配布され、実際直面した場合の注意事項がクイズ形式で出題されます。参加者は歩きながら各場所での出題に答えていきました。
 その後、展示ブースでは、想定される震度分布の説明をうけ、防災用品コーナーや避難所での生活体験コーナーなどを見て、地震直後の状況を実際に肌で感じることができました。
 東京土建江戸川支部では「まちの救助隊チームナマズ」を結成しており、これからも地震対策の実践的研修を行ないます。

震災直後の都市を体験

地震後72時間を生き延びるための研修

日常から地震への準備を

避難所の段ボールハウスを体験

首都直下地震の震度分布を学ぶ

page top
東京土建江戸川支部 〒132-0022 江戸川区大杉2-12-10 Tel:03(3655)6448/Fax:03(3656)0959 地図はこちら
©2012東京土建江戸川支部